酸味の元

酸味の元

クエン酸というと梅干しやレモンの酸っぱさの元として認知されています。
しかしながら、これらの食品は酸味があるので不得意だという人も相当にいるでしょう。
そのような人は、その他の食物でクエン酸がいっぱい備わっているものを調べておくといいでしょう。
酸味が気にならないものでは、リンゴや桃のほか、メロンなども多いようです。

普通、柑橘類には多く備わっていると覚えておくといいでしょう。
含まれるものとしては、みかん・いちご・グレープフルーツ・パイナップルと様々です。
このタイプのフルーツや野菜は、ジュースにして口にすると、より多くのクエン酸が効率よく摂取できます。
連日クエン酸を酢の物から摂取するのは飽きてしまいそうですが、フルーツジュースという形ならば容易に継続出来るのではないでしょうか。
一気に取り入れるよりも、数度に分けて摂取したほうが良い効果があると考えられています。

魚やサラダを食べる際に、レモン汁をドレッシングのようにかけて食べれば、それだけでクエン酸を摂ったことになります。
また、食後のデザートとしていちごやメロンなどを取り入れるようにすると、自然に続けられます。
夏バテ予防の効果はもちろん、きれいになれる効果もあるので、疲れている時、肌荒れが目立つときなどにも積極的に補っていくといいですね。

サプリメントで取り入れている人も少なくないようですが、その前にバランスの悪い食生活を避けるようにすると、無理なくクエン酸を摂ることが出来るでしょう。
食べ物と飲み物のいずれからも摂れる成分のため、クエン酸がたっぷり含まれる食材を知れば、案外摂取しやすいものだと言っていいでしょう。